TOP > ビューティー・ヘルスケア > いつものケアに+30秒でOK! “ズボラでもできる”美髪を目指す「+0.5手間」のヘアケア

いつものケアに+30秒でOK! “ズボラでもできる”美髪を目指す「+0.5手間」のヘアケア

2022.11.12

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

寒い季節になると、“乾燥”が気になりますよね。

季節によってメイクを変えるという人は多いかもしれませんが、ヘアケアはどうでしょうか? いつも同じ……という人は要注意かも!?

秋~冬の髪の毛は、乾燥だけじゃなく、夏の紫外線によるダメージも蓄積されています。だからこそ、いつもよりも丁寧なヘアケアを心掛けたいところ。

そこで今回は、スタイリスト歴14年の美容師・宇梶光春さんおすすめの「+0.5手間」のヘアケアをご紹介。いつものケアに+30秒でできますよ。

シャンプーをするときの「+0.5手間」

髪を洗うとき、ザっと濡らしてシャンプーをつけて……と、やっていませんか?

まずは、シャンプー前に「+0.5手間」。

頭皮と髪の汚れを落としやすくするため、軽くブラッシング。その次に、ぬるま湯のシャワーで汚れを落とします。

シャンプーをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

続いて、シャンプーをするときにも「+0.5手間」。

シャンプーを手のひらでよく泡立て、前3か所、後ろ2か所程度に分けてつけます。

シャンプーをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

ちなみに、シャンプーの理想の泡立ちは「ホイップ状」。

シャンプーをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

頭皮をマッサージするよう、爪を立てずにやさしく洗いましょう。髪と髪をこすりあわせると、キューティクルがはがれやすくなるので要注意!

シャンプーをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

シャンプーのあとは、髪や頭皮にすすぎ残りがないよう、念入りに洗い流しましょう。

ちなみに、セット力の高いスタイリング剤を使った日は、シャンプーの泡立ちが悪いことも。そういう日は、シャンプーを2回してもOKです。

ただ、シャンプーを2回すると、皮脂を過剰に取り除く可能性もあるため、基本的には「シャンプー前にしっかりとぬるま湯で汗や汚れを洗い流す→泡立てたシャンプーで洗う」という流れがおすすめです。

トリートメントをするときの「+0.5手間」

トリートメントは、髪全体になじませ、ぬめり感が取れる程度にすすげばOK。

時間に余裕がある日は、ここでさらに「+0.5手間」を!

トリートメントした髪の毛をラップで包み、その上からフェイスタオルでターバン状に包み、5~10分置いて流します。こうすることで、トリートメントの浸透率がアップ!

トリートメントをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

時間を置いている間は、ゆっくり湯舟に使ったり、身体を洗ったり、何をしても大丈夫ですよ。

<ラップの巻き方>

(1)片方の手でラップの端をつかみ、後頭部を覆うようにラップを伸ばす。

(2)前頭部も覆うように、2~3周巻く。

トリートメントをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

(3)ラップを切り、頭頂もラップで包み込むように折り込み密着させて完成。

トリートメントをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

<タオルの巻き方>

(1)頭を十分に包み込めるサイズのタオルを肩にかけてセット。

(2)タオルの端をおでこの中心に合わせるように沿わせる。

トリートメントをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

(3)反対側も同様にタオルの端をおでこの中心に合わせるように沿わせ、反対側のタオルの内側に入れ込む。

(4)後ろ側のタオルを前のほうへ持っていき、大きなヘアピンやクリップなどで固定して完成。

トリートメントをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

トリートメントの最後、洗い流すときにも「+0.5手間」を。

手をおわん型にしてお湯になじませながら、ゆすぎましょう。

トリートメントをするときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

トリートメントの種類にもよりますが、お湯になじませ“乳化”することで、髪の毛に浸透しやすくなるといわれています(乳化不要のものもあります)。

お風呂上がりの「+0.5手間」

お風呂上がりは、タオルで髪と頭皮の水分を吸い取り、すぐにドライヤーで乾かしましょう。

そして、ここでも「+0.5手間」を。

ヘアオイルは、ドライヤーをする前と途中、2回付けます。

まずは髪を乾かす前に髪の毛全体に、そして乾かしている途中に既に乾ききった髪の毛に。そうすることで、乾燥から守ることができますよ。

画像:大正製薬株式会社

理想は、乾かす前は「浸透性の高いオイル」、乾いた後(乾かしている途中)は「被膜効果の高いオイル」ですが、1種類だけでもOK! 2回付けることが大切です。

ドライヤーは、風量の強いものがおすすめ。低めの温度で、髪の毛から20cm以上離して使いましょう。

9割乾いたら、指と指の間に髪をはさみ、ドライヤーの風が髪と並行になるように当てながら、毛先に向かって根元から梳かすと◎!

お風呂上がりの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

最後に冷風をしっかり当てて、髪の毛から熱を逃がします。

さらに、余裕がある日は乾かした後に、指の腹を使って頭皮を揉むようにマッサージを。心地良いと思う強さでやさしく押してみてください。

お風呂上がりの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

寝るときの「+0.5手間」

美髪を目指すなら、寝るときにも「+0.5手間」が欠かせません。

寝ているときの摩擦は、想像以上に髪へとダメージを与えているのだそう。

それを防ぐために、髪が長い人はシュシュなどで1本に結んで寝たり、次の日のスタイリングに活かせるゆるい三つ編みにしたりするのがおすすめです。

寝るときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

髪を結ぶのはちょっと……という人は、シルク素材のナイトキャップやまくらカバーを使ってみてください。「シルク100%」のものを選ぶのがポイントです。

寝るときの「+0.5手間」

画像:大正製薬株式会社

目指せ美髪!おすすめシャンプー

最後に、今回の「+0.5手間」のヘアケアを教えてくれた美容師さんに、おすすめシャンプーを聞きました。

1:リジェンヌヘアケアシリーズ

リジェンヌヘアケアシリーズ

画像:大正製薬株式会社

年齢を重ねた髪と頭皮ケアを考えた『大正製薬』の独自処方シャンプー(300mL、2,200円)とトリートメント(200g、2,200円)。

髪の水分や油分を補うことで髪内部の髪密度を整えて、ハリや潤いを高めてくれるそう。細い髪で絡まりやすい人はスムース&ボリューム(ピンク/上の写真・左)、毛先がパサついて広がる人はモイスト&ボリューム(赤/上の写真・右)がおすすめとのことです。

2:アルジェラン プレミアムリペアシリーズ

アルジェラン プレミアムリペアシリーズ

画像:大正製薬株式会社

『マツモトキヨシ』や『ココカラファイン』グループの店舗で販売されている(一部店舗を除く)オーガニックブランド『アルジェラン』の「プレミアムリペアシリーズ」。

『アルジェラン プレミアムリペア シャンプー』(上の写真/本体480mL 1,705円、詰替用400mL 1,210円)、『アルジェラン プレミアムリペア ヘアトリートメント』(本体480mL 1,705円、詰替用400mL 1,210円)、『アルジェラン プレミアムリペア ヘアマスク』(200g 1,650円)の3つがあり、いずれも“隠れ亀裂”を植物パワーで補修して、とろりなめらか髪へ導いてくれるのだそう。

これだったらできそうじゃありませんか? いつものヘアケアに「+0.5手間」で、美髪を目指しましょう♡(文/ARNE編集部)
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
大正製薬株式会社
※宇梶光春(美容師/スタイリスト歴 14年)

#ヘアケア をまとめてチェック!
#ヘアスタイル #ビューティー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【福岡・佐賀・長崎】イルミネーション21選