TOP > ビューティー・ヘルスケア > とにかく髪をきれいに見せたい!現役美容師が解説「パターン別・まとまりある美髪スタイル」
美髪スタイル

とにかく髪をきれいに見せたい!現役美容師が解説「パターン別・まとまりある美髪スタイル」

2022.11.08

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、美容師のHARUNAです。

本格的に寒くなりだし、ファッションやメイクも変化させている人が多いのではないでしょうか。髪の毛のことでいえば、秋冬は静電気や乾燥により、まとまりが悪くなる時期でもあります。

この時期、美容院では、「きれいなまとまりは欲しいけれど重たく見せたくない」「とにかく髪のまとまりを良くしたい」など、髪がきれいに見える「まとまり」は求めた上で、さまざまなご要望が出てきます。そこで今回は、パターン別のまとまりを重視したヘアスタイルをご紹介します。

1:髪が軽く見える&まとまりもあるヘアスタイル

髪が軽く見える上にまとまりもあるヘアスタイル

画像:HARUNA

まとまりを大きく左右するのが髪の段差。段差を作ることをレイヤーカットと表現します。このレイヤーを入れて髪に段差ができるほど、軽く見える髪型に。

軽さとまとまりを兼ね合わせたヘアスタイルが欲しい方は、顔周りにレイヤーを入れ動きをつけて、後ろ髪はレイヤーを入れず髪の重さでまとまりを出すスタイルがおすすめです!

顔周りにレイヤーを入れ動きをつけて、後ろ髪はレイヤーを入れず髪の重さでまとまりを出すスタイル

画像:HARUNA

顔周りに流れるような動きがあると一気に華やかなイメージになり、重い印象からは脱却できます。

2:落ち着いた雰囲気&重く見えないヘアスタイル

前述のレイヤーカットで髪に動きをつけるほかに、カラーで軽やかさを出す方法もあります。

なので、「落ち着いた雰囲気にしたいけれど、重く見せたくない」という場合は、カラーとカットのどちらで軽やかに見せるかを選ぶことができるのです。

レイヤーを入れない場合はカラーを明るめにして軽やかに。

すでにレイヤーが入っている、またはレイヤーカットで軽く見せたい場合には落ち着いた明るさのカラーに。

カットで軽く見せるヘア、カラーで軽く見せるヘアの違い

画像:HARUNA

同じスタイルでもカラーで印象は違う

画像:HARUNA

個人的には、髪型自体を軽く見せたいという場合はカットで、印象を明るく見せたい場合は明るいカラーを選ぶのをおすすめします!

3:まとまりとツヤを重視したヘアスタイル

まとまりとツヤを重視したヘアスタイル

画像:HARUNA

しっかりまとまりが欲しい場合には、レイヤーカットなどで髪に動きはつけず、長さを揃えたスタイルにするのがおすすめです。カラーは、明るさを表す指標の9レベル以下の明るすぎないものを選ぶのが良いでしょう。

これだけではシンプルすぎる……という方は、毛先をワンカールに巻いても重さを表現できていいと思います。最後にヘアオイルなどをつけて、しっかりツヤを出しましょう。

今回は髪の軽さやまとまりを重視したお話でしたが、ほかにも大人っぽくしたい、若々しく見せたいなど欲しい印象によってヘアスタイルは変わってきます。どんな印象で秋冬を過ごしたいか、担当の美容師さんと相談しながら決めてみてくださいね。
お洋服もボリュームが出てくる秋冬は、ヘアスタイルでバランスをとっていきたいところ。この記事が、スタイルをオーダーするときの参考になればうれしいです。(文/HARUNA)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/HARUNA

#ヘアスタイル をまとめてチェック!
#ヘアケア #ビューティー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【福岡・佐賀・長崎】イルミネーション21選