TOP > ビューティー・ヘルスケア > 「猫っ毛でペタっとする」「髪がゴワゴワ」美容師がレスキュー!夏に多いお悩み対処法

「猫っ毛でペタっとする」「髪がゴワゴワ」美容師がレスキュー!夏に多いお悩み対処法

2022.07.27

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、美容師のHARUNAです。

今年は梅雨明けが早く、猛暑日が続きそうですね! 外を少し歩くだけでも汗が止まらなくなり、ヘアスタイルもなかなかキープしにくい時期です。

例年、梅雨時期から夏季にかけては髪質のお悩み相談が特に多いです。乾燥した時期には感じにくい髪のペタッとした感じやゴワつきを、この時期の湿気により感じやすくなるため、髪のスタイリングがしにくい状況が続きますね。

今回は、この時期に特にお悩みの声を聞くことが多い「猫っ毛さん特有のペタッとした質感への対処法」と、反対に「ゴワついてしまうことにお悩みの方への対処法」についてお話します!

猫っ毛さん向け対処法:日頃のヘアケア製品を変える

猫っ毛とは、髪の毛1本1本が細くてやわらかい髪質のこと。湿気の少ない時期には、ふんわりやわらかな質感でアレンジもしやすく扱いやすい髪質です! ただ、湿気の多い夏になると髪が水分を含むことで重みに耐えられず、ペタッとした質感になってしまいます。

まとめようとしても、スタイリング剤による油分が加わると、余計に髪の重みが増しボリュームが出にくい仕上がりになってしまうのです。

それでは、そんな猫っ毛の方が、夏でも扱いやすい髪にするための対処方法をお伝えします。

猫っ毛の人のビフォー

画像:HARUNA

まずは、日頃のヘアケア製品をしっとりタイプではなく、サラサラタイプの軽い仕上がりになるものを選びましょう!

夏季は地肌からの油脂も出やすいため、なるべく油分を含まないベースの髪に仕上げておきます。スタイリングにはツヤ出しのニュアンススプレーを活用するのがおすすめです。

ニュアンススプレーによる細かな粒子をまとった髪は、湿気から髪を守り水分の侵入を防いでくれます。また、油分の多いスタイリング剤とは違い、ふんわりした質感をキープしてくれますよ。

下の画像はスタイリング後です。かなりまとまっていますよね。

髪質がやわらかい女性の写真

画像:HARUNA

どうしても毛先のパサつきが気になりそうな場合には、毛先のみに薄くバームやヘアクリームを馴染ませると、時間が経ってもパサつきを感じにくい状態を保てますよ。

ゴワつき毛さん向け対処法:髪の保湿力を高める

次にゴワつきを感じやすい髪についてのお話です。

ゴワつき毛

画像:HARUNA

ゴワつく髪質は乾燥が原因のことが多いです。猫っ毛タイプとは反対に、しっとり仕上げになるタイプのヘアケア製品で髪の保湿力を高めましょう!

髪が乾燥していると髪に硬さが生まれます。硬い髪は髪の毛同士が馴染みにくく、ゴワついた質感になってしまうのです。保湿をして髪の内部からやわらかな質感にすることで、髪の毛同士の馴染みがよくなり、まとまりのある髪に近づきます。

下の画像はスタイリング後。ゴワつきがおさまり、まとまりのあるヘアスタイルになったと思います。

ゴワつき毛のスタイリング後

画像:HARUNA

スタイリング時には油分による重みで乾燥を防ぎ、髪がゴワつくのを防ぎましょう。オイルタイプやクリームタイプのスタイリング剤がおすすめです。

最も大切なのは髪をしっかり乾かすこと

ドライヤーで髪を乾かす

画像:Shutterstock

また、髪質問わず大切なのは、やはり髪を洗ったあときちんと乾かすことです! 濡れたままの髪はキューティクルを損傷しやすく、髪が傷つく原因となります。

キューティクルの損傷は、猫っ毛の髪の場合には絡みやすくなり、ゴワつく髪には乾燥の原因となります。

夏は湿気も多く、ケアもスタイリングもしづらいですが、髪質に合わせたケアで髪のコンディションを保ちましょう!(文/HARUNA)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/HARUNA
※画像/Sklo Studio/Shutterstock

#ヘアスタイル をまとめてチェック!
#ヘアケア #ビューティー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【福岡・佐賀・長崎】イルミネーション21選