TOP > ビューティー・ヘルスケア > 脱・ダサ見え!美容師が教えるヘアクリップを使ったヘアアレンジの基本

脱・ダサ見え!美容師が教えるヘアクリップを使ったヘアアレンジの基本

2022.07.11

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、美容師のHARUNAです。

本格的に暑い日が続くようになりましたね! 外出するたびに汗をかいて、髪形をキープするのも難しい季節になってきました。

みなさんはこの時期の髪形、どんな工夫をされていますか? 私のお客様の多くは、髪をまとめることを前提にした髪形を考えている方が多いです。

そこで、今回は簡単におしゃれさを演出でき、ヘアアレンジで使うのも当たり前になってきたヘアクリップのお話をしていこうと思います。

ヘアクリップはまとめた髪を挟むだけで固定され、一見簡単に見えますが、いまいちオシャレに見えない、なんだかうまくまとまらない……などのご相談を受けることも多いアイテムです。この記事が、そんなお悩みを解消するヒントになればうれしいです。

ヘアクリップをつける前に必ずすべきこととは?

まずは、ヘアクリップをつける前に必ずしないといけないことがあります。それは、「髪のコンディションを整えること」です!

ヘアクリップをつける前に必ず髪の状態を整えて

画像:HARUNA

寝癖がついていたり、パサついていたりする状態の髪のままヘアクリップで留めるだけでは、髪はまとまっていても疲れて見えることもあるなど、おしゃれさのない雰囲気に仕上がってしまいます。きれいにヘアクリップで髪をまとめるためには、ブローやコテで髪にツヤとまとまりを出しておくことが大切です。

そうすることで、編み込みなどのアレンジをしていなくてもヘアクリップだけで、上品なまとめ髪が演出できます! 髪を巻くのが苦手でも、ツヤのあるストレートの髪をヘアクリップでまとめるだけですてきに仕上がりますよ。

髪の毛の質感もおしゃれ見えのポイント

次に大切なポイントは、髪の質感を演出すること。

簡単におしゃれに見せるには、やはりウェット感の出るスタイリング剤がおすすめです。この時期は頭皮からの皮脂が出やすいため、根本にはスタイリング剤はあまり付けずに毛先を中心にウェット感を出していきましょう。

ウェット感をしっかり演出できたら、よりタイトに見えるようにヘアクリップで留めます。

スタイリング剤をつけてヘアクリップでとめる

画像:HARUNA

簡単アレンジ術

最後に簡単なアレンジ方法もご紹介。ヘアクリップは、ゴムの代わりと考えると活用法がわかりやすいです。今までゴムで仕上げていたアレンジに、ヘアクリップをゴムの上からつけてみることをおすすめします!

一束にまとめた髪を一回くるりんぱをします。最後にゴムの部分を隠すようにヘアクリップを付けるだけです。一気に雰囲気が華やかになりますよね!

ヘアアレンジ術

画像:HARUNA

髪が長くてまとまりにくい場合にも、ヘアクリップで一気にまとめてしまい、シンプルなピンを足してもすてきです!

髪が長くてまとまりにくい場合のヘアアレンジ術

画像:HARUNA

ピンやヘアクリップを留めても何か違和感があった方は、今までお話したように髪のコンディションや質感の演出を見直してみてくださいね。

ヘアクリップなどは単に留めるシンプルなアイテムだからこそ、髪の状態が大切です! ぜひこの暑い季節に参考にしてください。(文/HARUNA)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/HARUNA

#ヘアスタイル をまとめてチェック!
#ヘアケア #ビューティー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【福岡・佐賀・長崎】イルミネーション21選