TOP > ビューティー・ヘルスケア > 髪の広がり&うねりとはおさらば!サラサラツヤ髪をキープする「梅雨の湿気対策」

髪の広がり&うねりとはおさらば!サラサラツヤ髪をキープする「梅雨の湿気対策」

2022.06.03

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、モデルのYuki Ideです。

暑い日も増えてきて、梅雨目前の季節。

湿気による髪の広がりやクセをできるだけ抑えてツヤを保つ、私の梅雨・湿気対策をご紹介します。

1:気になる箇所にポイントでストレートパーマをかける

これは、髪の広がりを抑えるために、私が毎年している対策。

根元から耳の上あたりまでの部分と前髪に癖が出やすいので、湿気による広がりを抑えるためにポイントでストレートパーマをかけています。

私は毛先はもともとクセが少ないので根元だけなのですが、ご自身のクセの強い部分にかけるとよいかなと思います。

ストレートパーマ Yuki Ide

画像:Yuki Ide

やさしいストレートパーマだとよりナチュラルに、そしてサラサラにもなるので髪の毛も扱いやすくなります。

ストレートパーマ 梅雨のお手入れ

画像:Yuki Ide

私の場合は、かけるのとかけないのでは“見え方”が180度くらい違うのではないかなと思うので、毎年必ずしていますよ。

ストレートパーマ 梅雨のお手入れ

画像:Yuki Ide

梅雨になる前に美容室に行き、いつでも梅雨が迎えられる準備をしています。

2:アホ毛にはワックスで対策

湿気が出てくると“アホ毛”にも目が行くようになります。

分け目の部分や前髪あたりの表面にワックスを軽くつけると、はねている毛を少し押さえられてオススメです。

ストレートパーマ 梅雨のお手入れ

画像:Yuki Ide

たくさん使うとベタっとした感じになってしまうので、ワックスは少なめに調整して、根本を押さえる感じで付けています。ワックスはキープ力のあるものよりは、軽い付け心地で少しツヤの出るものを使っています。

髪を下ろすときも結ぶときも、少しワックスを付けておくだけで気になりにくくなりますよ。

ストレートパーマ 梅雨のお手入れ ワックス

画像:Yuki Ide

広がりが気になるときはそのまま髪を結ぶのも◎。

ストレートパーマ 梅雨のお手入れ

画像:Yuki Ide

私は自分のファッションに合わせて、タイトな感じでコンパクトに、ピタッと低い位置で結ぶことが多いです。

ストレートパーマ 梅雨のお手入れ ひとつむすび

画像:Yuki Ide

髪の長さやクセの有無もそれぞれですが、梅雨の季節は髪の毛の悩みも多いと思うのでぜひ参考にしてみてください! 2022年6月2日(木)のミニ番組でもお話しているので、番組動画もあわせてご覧ください。(文/Yuki Ide)
※この記事は公開時点での情報です。

◆ ARNE TV #123「広がり&うねりに!梅雨のヘアケア」

【参考・画像】
※文・画像/Yuki Ide
FBS福岡放送『ARNE』(毎週木曜24時54分~)

#ビューティー をまとめてチェック!
#ヘアケア #美容 

⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【アラサー向け】下まぶたメイク
【こんまり流】片づけで気を付けること