TOP > ビューティー・ヘルスケア > カットなしでイメージ激変!? 美容師が教える「雰囲気イメチェン」する方法

カットなしでイメージ激変!? 美容師が教える「雰囲気イメチェン」する方法

2022.05.30

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは、美容師のHARUNAです。

5月もあっという間に終わろうとしていますね! 半袖を着ても寒くない日も増えてきました。

梅雨や夏前のこの時期、髪を伸ばしたままにするか、短くカットしてしまおうか悩んでいるというご相談も多くあります。特に、髪を伸ばしたい方にとっては、飽きに加えて暑さも加わるので、短くカットしてしまいたくもなるんですね。

そこで今回は、今の長さのまま、イメージを変える方法をお話ししていきます!

1:髪の巻き方を変える

まず1つ目は、髪の巻き方を変えること。毛先の巻き方次第で、印象は大きく変えられます! 内巻きだと上品さや女性らしさを演出し、落ち着いた雰囲気のヘアスタイルに仕上げることが可能。

髪の巻き方を変える

画像:HARUNA

反対に、外巻きの場合は、活発さや若々しい印象を与えてくれますよ。

内巻きでもなく外巻きでもないストレートの場合には、より自然体でカジュアルな印象に。

真っ直ぐなストレートの場合は自然体なカジュアルな印象

画像:HARUNA

その日の気分や服装に合わせて、毛先の巻き方を自在に変えることができれば、飽きずに今の髪型を楽しめます!

一つだけ注意点を挙げるとしたら、外巻きの場合は、毛先をしっかり外に巻き過ぎると、不自然な印象に仕上がってしまいます。写真のように、自然と外に反るように巻くのがおすすめです。

外巻きは自然と外に反るように巻くのがおすすめ

画像:HARUNA

2:前髪を変える

次にご説明するのは、印象を変えるのに一番効果的な前髪について!

今の前髪に厚みのある方は頭頂部から前髪をサイドの髪に馴染ませてあげると、簡単にシースルーバングに変わります。写真上が厚みのある状態の前髪の場合で、写真下がシースルーバングにした前髪です。

シースルーバングだとすっきりとした印象になりますね!

写真上が厚みのある状態の前髪の場合で、写真下がシースルーバングにした前髪

画像:HARUNA

前髪を分けるときに、指先に薄くバームやワックスをつけた状態で分けると、髪が元に戻ろうとするのを防ぐことができて、安定しますよ。厚みのある前髪にしたい日には、分けなければ、前髪の厚さを生かすことができるので日替わりで楽しめます!

3:前髪のデザインカラー

お仕事などでヘアカラーに制約がない方は、前髪にデザインカラーを施すのもいいですね。特にブリーチを使ってデザインした場合には、そのあと、色味を変えるだけで、デザイン性はそのままに印象を変えられます!

写真上は、ブリーチで色を抜いてデザインを生かした前髪。写真下はデザインのベースはそのままに色味を入れて印象を変えたもの。モノトーンのような強い印象から、やわらかなイメージになりました。

前髪のデザインカラー

画像:HARUNA

このように前髪に変化をつけてあげると、パッと見た印象も変えられて楽しめるのではないでしょうか?

暑さが厳しくなってきたら、ヘアアレンジや髪の結び方も工夫してみてください。

髪を切らなくても、ちょっとした工夫でヘアスタイルを楽しめます。ぜひ、今の髪をキープしながらいろいろな方法で楽しんでみてくださいね。(文/HARUNA)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/HARUNA

#ヘアスタイル をまとめてチェック!
#ヘアケア #ビューティー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【アラサー向け】下まぶたメイク
【こんまり流】片づけで気を付けること