TOP > ビューティー・ヘルスケア > ファンデの毛穴落ちを防ぐ!美容家直伝「夕方まできれいを保つメイクテク」

ファンデの毛穴落ちを防ぐ!美容家直伝「夕方まできれいを保つメイクテク」

2022.06.06

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。美肌研究家の杉本由美です。私は美容や健康におけるさまざまな資格を保有していて、その知識を活かした手軽・ナチュラル・透明感ある美肌づくりの提案が得意です。

そろそろ汗ばむ季節になってきて、気になるのが皮脂によるメイク崩れ。毛穴に落ちたファンデーションが目立つのが気になる……という声もよく聞きます。

そこで今回はファンデーションを毛穴落ちさせずに、夕方まできれいなメイクを保つためのテクニックをご紹介します。

毛穴落ちとは?

特に、“開き毛穴”や“たるみ毛穴”の方に多いのが、ファンデーションの毛穴落ち。毛穴の中に、ファンデーションがたまったように見えて、逆に毛穴が目立ってしまう現象です。

きれいにカバーしようと厚塗りしてしまう方も多いですが、悪目立ちするので、それは逆効果に!

ここからは対策やワンポイントアドバイスをご紹介します。

夕方まできれいなメイクをキープするなら「高保湿」が必須

夕方まできれいなメイクをキープするなら「高保湿」が必須

画像:杉本由美

乾燥をすることで毛穴の皮脂分泌が盛んになる可能性が高く、毛穴落ちなどのメイク崩れの要因を作ってしまうため、メイク前のスキンケアで保湿はしっかり行っておきましょう。

手のひらで化粧水をつける方はしっかりハンドプレスをしてお肌に押し込むように。コットンで化粧水をつける方は乾きやすいパーツに、コットンをつけて3秒ほどキープしてお肌の潤いをアップさせてみてください。

メイク前にオイル美容液を使ってみるのも良いでしょう。サラッとしたテクスチャーのものを選べば、ファンデーションを崩す要因にはなりづらいです。オイル美容液を塗る場合、すぐにメイクを始めると、うまくのらなかったり、メイク崩れの原因になったりするので、少なくとも5分は待ってからメイクするようにしましょう。

「マイナスメイク」を意識

「マイナスメイク」を意識してファンデは全顔に塗らない

画像:杉本由美

そして実際のメイクですが、ファンデーションを全顔に使わないことをおすすめしています。私もこの時期、ファンデーションをお顔全体に塗ることはしていません。下地や日焼け止めを塗ったら、必要なところだけ、コントロールカラーでトーンを整え、シミやクマはコンシーラーでカバーをしています。

ファンデーションはカバーしたいパーツがある顔の中心に塗ります。

このとき、ファンデーションを塗る前に、特に毛穴が気になる部分には、皮脂を抑えてくれたり、毛穴の凸凹をなめらかにしてくれたりする毛穴専用下地を部分使いするのも◎。これらを塗ったあとにファンデーションをのせると、格段にきれいに仕上がるのが分かると思います。

・パウダータイプの塗り方

また、ファンデーションの塗り方ですが、パウダータイプはスポンジにとって、伸ばしてください。このとき、何度も塗り直さないのがポイント。自分の中で、少し薄いかな?と思うくらいが、実はベストです。

そして、パウダータイプは仕上げのひと手間も大切。特に毛穴落ちが気になる小鼻周辺は、何もついていない大きめの筆で表面の不要なファンデーションをはらいましょう。カバーに必要なファンデーションはしっかりお肌にフィットさせ、メイク崩れに繋がる不要なファンデーションはオフ。このひと手間があるかないかでは、時間が経ったときのお肌が違います。

・リキッドタイプやクリームタイプの塗り方

リキッドタイプやクリームタイプは、ほんの少量を気になる部分に点で置いて、ブラシで内から外に薄く伸ばしてつけてみて。こちらも、何度もつけ直さず、できるだけ薄付きにしましょう。

こちらは、最後にフェイスパウダーをヨレ防止にのせるのがおすすめ。大きめのブラシでふんわりと軽くのせてくださいね。

「BBクリーム」へのシフトもGOOD

クリームを塗る女性

画像:Shutterstock

汗ばむ季節に加えてマスク着用をする今、複数アイテムを使えば使うほど、メイク崩れを招きやすいといえます。ファンデーションをつける部分は、特に崩れないための工夫が必要。

そこでおすすめしたいのが「BBクリーム」の活用です。1本で下地・日焼け止め・ファンデーションの役割を果たしてくれる商品が多い優れもの。

カバー力も高い上に、1本でいろいろな効果があるので、メイクのときに複数のアイテムを使わなくてもいいのがうれしいポイント。ファンデーションをBBクリームにシフトすることで、毛穴詰まりやメイク崩れの回避を狙います。

「BBクリーム」を使用する際には、お肌にBBクリームを薄くつけ、まず指で軽くパッティングをするようになじませます。そのあとは、何もついていないパフを使ってポンポンと、さらにお肌と一体になるイメージでなじませましょう。少量ずつつけるのを何度か繰り返し、余分につかないことを意識して。

ここ数年はマスク着用により蒸れもプラスされて、メイクを崩さずキープすることはかなり難しい状況だと思います。この記事が、ご自身にあったメイクを見つけるヒントになればうれしいです。(文/杉本由美)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/杉本由美
※画像/rina Bg/Shutterstock

#メイク をまとめてチェック!
#美容 #ビューティー
 #コスメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【アラサー向け】下まぶたメイク
【こんまり流】片づけで気を付けること