TOP > ビューティー・ヘルスケア > 「ブリーチ何回必要?」に現役美容師が回答!おしゃれ度抜群ハイトーンカラー

「ブリーチ何回必要?」に現役美容師が回答!おしゃれ度抜群ハイトーンカラー

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。天神の美容室『HEART』スタイリストのオギサヤカです!

春らしくなり明るい色みのヘアカラー、“ハイトーン”にするお客様も増えてきました。

今回はよくあるお客様の質問、「このカラーはブリーチ何回でいけますか?」にお答えします。

ブリーチ何回でできる?おすすめハイトーンカラー見本

黒髪にブリーチをした場合、髪質にもよりますが、「黒→オレンジ→黄色→白」のような順番で色が抜けていくということは、以前「抜きっぱなしブリーチ」の記事(記事はこちら)でも説明させていただきました。

画用紙を想像していただいて、真っ白な紙に絵の具で色をのせるとイメージしてみてください。きれいに発色しますよね。

髪の毛も同じで、ブリーチを重ねて白近くまで元の色を抜くほど、色が入りやすくなります。

暖色系のカラーはブリーチ1回

こちらの2スタイルは「1回ブリーチ」です。

ハイトーンカラー(ブリーチ1回)

画像:オギサヤカ

ハイトーンカラー(ブリーチ1回)

画像:オギサヤカ

オレンジっぽさは残りますが金髪らしい金髪です。

個人的には、ぜひ若い方には1度は挑戦していただきたいです。

根元が伸びてきてもそれはそれでこなれた感じでかわいいのではないでしょうか。

赤やオレンジといった暖色系のカラーは、このくらいの1回ブリーチで実現可能です。

淡いカラーはブリーチ2回以上

こちらの2スタイルはブリーチ2回以上のハイトーンです。淡いピンクを上からのせています。

ハイトーンカラーブリーチ2回以上

画像:オギサヤカ

ハイトーンカラーブリーチ2回以上

画像:オギサヤカ

濃い暖色系の色なら、ブリーチ1回のオレンジくらいの抜け具合で上から色をかぶせると実現できるのですが、淡いカラーでは、どうしてもオレンジが邪魔をしてしまいます。そのため、まずは黄色になるくらいまでブリーチをしなければいけません。

薄い青系は白近くまでブリーチが必要

最後はもっともブリーチ回数が必要な、薄い青系のカラーです。あわーい青、おしゃれですよね。

青という色素は、髪の毛が持っていない色素です。白に近いところまでブリーチをすると実現可能です。

ハイトーン寒色系

画像:オギサヤカ

ハイトーン寒色系

画像:オギサヤカ

色白さんの顔色をきれいに見せてくれて、意外にナチュラルになじみます。ぜひ挑戦していただきたい、イマドキのカラーのひとつです。

最近のブリーチ剤は、ケアブリーチといってダメージを少なくハイトーンにできるものもあります。ダメージを懸念して諦めていた方も、ハイトーンを楽しみやすくなりました。

これから夏に向けて、髪の毛も軽やかに、ハイトーンを楽しんでみてはいかがでしょうか?(文/オギサヤカ)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/オギサヤカ

#ヘアスタイル をまとめてチェック!
#ヘアアレンジ #ヘアケア 
#ビューティー
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年上半期の運勢
【整理のプロ直伝】部屋をスッキリ見せるコツ
【福岡県内の絶景】あじさいの名所15選