TOP > ビューティー・ヘルスケア > 赤リップが使える!? コンシーラー以外で「クマを消す」メイクの裏技3つ

赤リップが使える!? コンシーラー以外で「クマを消す」メイクの裏技3つ

2022.01.13

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。美肌研究家の杉本由美です。私は、手軽・ナチュラル・透明感ある美肌づくりの提案が得意で、美容や健康におけるさまざまな資格を保有しています。

最近は目元に視線が集まりやすいため、目の下のクマやくすみが前よりも気になるという人が多くなりました。そういうお悩みはコンシーラーを使ってカバーしている人が多いのではないでしょうか。しかし、コンシーラーは厚塗りになってしまい、そこだけ浮いたようになることも……。

そこで今回は、コンシーラー以外のアイテムを使って、クマを消すメイクテクニックをご紹介します。

【下準備】コントロールカラーを忍ばせて

【下準備】コントロールカラーは忍ばせて

画像:shutterstock

メイクでクマをきれいに隠したいなら、下地の上にコントロールカラーを忍ばせておきましょう。

メイク上級者さんは、青クマや黒クマなどタイプ別にカラーのセレクトをすると思いますが、どう選べばいいか分からないという人や、いくつも買い足せないという人は、“オレンジ系”が万能に使えるのでおすすめです。

その1:「赤リップ」で肌の色味を整えて

クマを消すテクニック:「赤リップ」で肌の色味を整えて

画像:杉本由美

手持ちアイテムの中に、コントロールカラーがない場合は“赤リップ”で代用してみましょう。

使い方はコントロールカラーのように、ファンデーションを塗る前、気になる部分に指でのせるだけ。青と赤はお互いの色を補い合う補色の関係にあるため、きれいに整えることができるのです。

赤リップをのせたら、指でトントンとぼかし、上からファンデーションを重ねてください。

血行が悪く見えがちな青クマも、赤リップをのせると血色感が演出でき、自然なクマ隠しメイクが完成しますよ。

その2:「ベージュ系アイシャドウ」で明るさをプラスして

クマを消すテクニック:「ベージュ系アイシャドウ」で明るさをプラスして

画像:杉本由美

下まぶたのキワにあるクマで、軽めのカバーで隠せるくらいのものなら、ベージュ系のアイシャドウが使えます。

メイク方法は簡単。ただクマの気になる部分にベージュ系のアイシャドウをのせるだけ。明るめのベージュを選べば、ナチュラルに目の下に明るさをプラスできます。

また、普段はアイシャドウをブラシで塗っている人も、下まぶたのクマを隠す場合はチップでつけたほうがきれいにカバーできますよ。最初は少しずつ塗ってみてくださいね。

その3:「ハイライト」の光効果でカモフラージュして

クマを消すテクニック:「ハイライト」の光効果でカモフラージュさせて

画像:杉本由美

目の下のクマの範囲が広く、アイシャドウでは隠しきれない場合はハイライトを使いましょう。 ハイライトによる光の効果で、影を飛ばすテクニックです。

画像のように、目頭から斜め下に向かってハイライトを塗ってみてください。骨格に沿うように入れるのがポイント!

厚塗り感がなく、とてもナチュラルに、そして肌自体がきれいに見えるので、私が一番おすすめしたいテクニックです。

【メイク以外の番外編】ホットタオルによる目元ケア

クマにも種類があるため、それぞれのタイプに合わせたカバーをすることが大切です。なかでも血行不良が原因の青クマは、メイクアップアイテムでは隠し切れない場合がほとんど。そんな青クマをカバーするなら、目元をホットタオルで温め、血行不良を改善させてからメイクをすると、クマが目立ちにくくなります。

お正月にスマートフォンを見る時間が増え、目が疲れている人も多いでしょう。このホットタオルでのケアは青クマだけでなく、眼精疲労をやわらげることも期待できますので、ぜひ一度試してみてください。

ほとんどの人がコンシーラーでカバーしているであろう“目元のクマ”。カバー力は譲れないけど、厚塗り感を回避したいのも本音ですよね。クマの濃さやタイプ次第では、コンシーラー以外のアイテムでもクマを隠すことは可能です。ご紹介したテクニックを参考に、本来の目元の美しさを引き出してみてくださいね。(文/杉本由美)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/杉本由美
※画像/Africa Studio
/shutterstock

#メイク をまとめてチェック!
#美容 #マスクメイク
 #コスメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【アラサー向け】下まぶたメイク
【こんまり流】片づけで気を付けること