TOP > ビューティー・ヘルスケア > 大人女子でも「涙袋」イタくない? 美容家はしないNGメイク&正解テク

大人女子でも「涙袋」イタくない? 美容家はしないNGメイク&正解テク

2021.12.24

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。美肌研究家の杉本由美です。私は、手軽・ナチュラル・透明感ある美肌づくりの提案が得意で、美容や健康におけるさまざまな資格を保有しています。

目を大きく見せ、存在感をプラスすることが叶う“涙袋メイク”。目元が目立つ昨今、取り入れたいと思っている人も多いのでは? 簡単そうに見えて、実際にしてみると、意外と難しく感じるのではないでしょうか。それは、大人の女性が涙袋メイクをするとき、絶妙な加減が、垢抜けた仕上がりになるのか、ダサい仕上がりになるのかを左右するから。

そこで今回は、不自然に仕上がってしまう涙袋の“NGメイク”と正解をご紹介します。

NG1:下準備なく涙袋メイクをする

NG涙袋メイク:下準備なく涙袋メイクをする

画像:shutterstock

目元はくすみや乾燥小じわが目立つパーツでもあります。保湿ケアやスキンケアの土台作りをしないまま涙袋メイクをしても、かえってくすみや乾燥小じわを目立たせてしまうことに。

目元の乾燥ケアをして、くすみは事前にオフしておくことがおすすめです。

NG2:粒子の大きなラメやパールのアイテムを使う

大人メイクが残念に仕上がってしまう一因がラメやパール。粒子が大きいと、ほんの少しの主張のつもりが悪目立ちしてしまうことがあります。

涙袋メイクも同様に、粒子が大きめのラメやパールのアイシャドウを使用すると、涙袋だけ強調した不自然な仕上がりになってしまい、残念メイクまっしぐら……。そのため何を涙袋に塗るのか、使用するアイテムには注意しましょう。

NG3:濃すぎる影は作らない

NG涙袋メイク:濃すぎる影は作らない

画像:shutterstock

涙袋メイクでは“影”がとても重要な役割を果たしています。一般的にブラウン系のアイシャドウやアイライナーを使用して、涙袋の影の部分を作ることが多いでしょう。ですが、大人の女性にとって、深みのあるブラウンでは陰影が濃すぎて悪目立ちしてしまう可能性も。

そのため、肌に溶け込むような薄めのカラーをセレクトするのがおすすめです。

自然に見せるのがカギ!大人の涙袋メイクの正解

STEP1:目元を集中的にうるおいケアする

まず乾燥しやすい目元にしっかりうるおいを与えておきます。

通常の朝のスキンケアだけでは目元の乾燥ケアが物足りない場合は、コットンパックをするなどして集中的に保湿をしておきましょう。

STEP2:目元のクマやくすみを隠す

次に、クマやくすみをしっかり消しておきましょう。写真はクマやくすみをオフする前なのですが、目元まわりの茶クマっぽい黒さが気になりますよね。

自然に見せるのがカギ!大人の涙袋メイクの正解

画像:杉本由美

血行不良によるクマは、目元をホットタオルで温めるなどして解消し、色素沈着による茶クマなどの場合はコンシーラーやコントロールカラーによるカバーがマスト! 軽く仕上げたい場合は、オレンジ系のコントロールカラーがおすすめです。

くすみを放置したまま涙袋メイクをすると、余計にクマが目立ってしまう場合もあるため、大人の涙袋メイクではこの手順を抜かさないようにしてください。

自然に見せるのがカギ!大人の涙袋メイクの正解

画像:杉本由美

先ほどの写真とは異なり、黒っぽいくすみなどが消え、目元周りの肌トーンがアップしました。

STEP3:黒目幅くらいの影を描いていく

自然に見せるのがカギ!大人の涙袋メイクの正解

画像:杉本由美

涙袋の影は、ベージュブラウンのような明るめのアイシャドウ、もしくはアイブロウパウダーを使って描いていきます。

あまり目立たないよう、黒目幅くらいで細く描きましょう。

自然に見せるのがカギ!大人の涙袋メイクの正解

画像:杉本由美

写真のような影ができたら、より自然に見せるために指でぼかしておくのがコツです。

STEP4:パールの粒子が細かいタイプのアイシャドウを目下にのせる

自然に見せるのがカギ!大人の涙袋メイクの正解

画像:杉本由美

自然に肌に溶け込むような涙袋メイクを目指したいので、パールの粒子が細かいタイプのアイシャドウを目の下にのせていきましょう。ライトベージュなど肌なじみのいい、肌色に近いカラーをセレクトするのがおすすめです。

涙袋メイクをしていない左側より、涙袋メイクをしている右側のほうがパッチリとした印象的な目元に仕上がっていますよね! 涙袋メイクをすることで、垢抜けした印象をプラスできるので、マスク姿が映えるでしょう。

涙袋メイクは魅力的に見せる反面、自然に仕上がらないと誇張され、逆にダサい仕上がりになってしまうことも……。今回ご紹介したメイク手順を参考に、あなたらしい魅力的な目元を演出してみてくださいね。(文/杉本由美)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/杉本由美
※画像/aslysun、ANN PATCHANAN
/shutterstock

#メイク をまとめてチェック!
#美容 #マスクメイク
 #コスメ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【ソウルナンバー占い】2022年下半期の運勢
【毎週土曜日更新】心理テスト
【福岡・佐賀】子連れおでかけスポット11選