TOP > ビューティー・ヘルスケア > 狙うべきは“オンライン映え”♡いま挑戦したい“ランジェリー見せ”オトナのコーデテク

狙うべきは“オンライン映え”♡いま挑戦したい“ランジェリー見せ”オトナのコーデテク

2020.06.02

こんにちは。ランジェリースタイリストのREINAです。

この数カ月で「テレワーク」や「WEB会議」、「オンライン飲み会」がぐっと身近なものになりましたね。

私が実際にリモートでお仕事を始めてみて感じたことは「オンラインミーティングって、こんなに上半身しか映らないの!?」ということ。

そこで、オンラインでおしゃれに見せるワザについて今回ご紹介します。

 

オンライン映えの“カギ”はデコルテ!「見せるランジェリー」のススメ

画像:Shutterstock

オンラインで人と話すときは、通常とは違い、“顔回りに何を持ってくるか”がポイント。

そこで、ぜひ注目してほしいのが、普段のコーディネートとは違う目線での“ランジェリーファッション”です。

アウター寄りのランジェリーは、普通のトップスではなかなかないデザインが豊富にあり、とってもおしゃれなので、ぜひ取り入れてみてください。

雑誌などで見るようなランジェリーファッション特集は、ブラジャーそのものを大胆に見せるようなものも多いため、海外でのライフスタイルやモデルさんのイメージがありますね。

それに、「見せてもいいデザイン」と言われても、実際は抵抗ありますよね。私も以前はそうでした。

でも、近年はバリエーションが豊富になるにつれ「それってブラだったの?」と思わせるランジェリーファッションを楽しめるようになっています。

「下着とトップスは別々じゃなきゃ!」という固定観念を取り払うと、おしゃれの幅はぐっと広がります。

 

インナーにおすすめなランジェリーはこちら!

私が今回、オンライン映えを狙って購入したのは、インポートランジェリーが手が届きやすい価格でお買い物できるブランド『ANNEBRA』の「ハイネックモールドカップブラジャー」です。

画像:REINA

トップスの開きの深さとのバランス次第で、軽やかにも女性らしくもできるデザインです。

ランジェリーをファッションに取り入れてみたいという女性たちの間でとっても人気のブラです。

画像:ANNEBRA

デコルテ全体がレースで覆われているので、トップスの開きが浅いデザインのときはチラ見せ、深い開きのデザインのときにはレースを見せることを主役にコーディネートを組むことができます

画像:ANNEBRA

しかも、ワイヤー入りの3/4カップブラが土台になっているので、バストをホールドしながらカップ上部の丸みも美しいシルエットが実現しやすい作りも魅力です。

 

今、狙っているのはジャケットの下に着たいブラレット

続いて、今、狙っているのは国内でも通販可能なポーランド発のラグジュアリーなルームウェアが目を引くブランド「coemi」のホルターネックブラレット。

「coemi」のホルターネックブラレット

画像:La Goutte Sucrée

ウエスト部分もレースのため“これ1枚”では難しいデザインですが、バストアップしか映らないオンラインでなら、ジャケットを羽織ればすてきに映りそう!

「coemi」のホルターネックブラレット

画像:La Goutte Sucrée

贅沢なレース使いが特別感の高い見た目ですが、ブラレットなのでリラックスした着心地で過ごすことができます。

バスト部分はパッドではなく薄手のコットンの裏打ちなので重ね着には工夫が必要ですが、あれこれコーディネートのイメージが湧く一枚です。

「coemi」のホルターネックブラレット

画像:La Goutte Sucrée

カチッとしたアウターのインナーにランジェリーならではの美しさをまとって、オトナのランジェリーファッションを楽しんでみたいと目論んでいます。

 

しっかりとレースが“映える”コツは、デコルテケアでしっとり感のあるお肌をつくっておくこと!

うるおいのあるお肌にのったレースは、アクセサリーでのオシャレに負けないくらい顔まわりをパッと華やかに演出してくれるので、オンライン映え間違いなしですよ。

夏に向けてファッション性の高いデザインが続々と出てくる時期です。ぜひこの時期を上手に使って、見せるランジェリーファッションに挑戦してみてはいかがでしょうか。(文/REINA)

【参考・画像】

※REINA

ANNEBRA

La Goutte Sucrée

※aijiro/Shutterstock

<こんな記事も読まれています>

ネットでブラジャーを購入する際の“着心地”見極めポイント3つ

通販でも失敗しない!「プロ厳選」初心者におすすめのランジェリーECサイト3つ