TOP > ビューティー・ヘルスケア > 目が小さく見えてるかも!? 美容家は絶対にやらない「NGアイメイク」3つ

目が小さく見えてるかも!? 美容家は絶対にやらない「NGアイメイク」3つ

2021.05.12

~もっと福岡を、好きになる~
「あーね!」って言いたくなる情報を福岡から毎日発信中!

こんにちは。美肌研究家の杉本由美です。

ぱっちりとした印象深い目元に仕上げたいのに、アイメイクに力を入れれば入れるほど、どんどん目が小さく見えてしまうことありませんか? もしかしたらそのメイク方法、目元を強調したいあまりやってしまいがちな「NGアイメイク」かもしれません。

そこで今回は、美容家が絶対にやらない目が小さく見えてしまうNGアイメイクと、目の大きさを活かす正解アイメイクをご紹介します。

意外とやってしまいがち…?美容家は絶対にやらない「NGアイメイク」

その1:ガッツリ囲み目メイク

「目を大きく見せたいから」とやってしまいがちなNGメイクの代表“囲み目メイク”。

アイラインで目の周りをぐるりと囲み、目を強調したつもりでも思ったほど大きく見えません。それどころか、ひと昔前の古い印象を与えてしまう残念メイクに。アイラインは部分的に強調したい部位に引くようにすると、目元にメリハリが生まれますよ。

たとえば、黒目を強調したい場合は黒目の上にインサイドラインを引き、目の横幅を広く見せたい場合には、目尻側にのみアイラインを引いてください。

その2:アイラインが太いメイク

アイシャドウが濃いメイク

画像:shutterstock

囲み目メイクと同じくらい、「目を大きく見せたいから」とやってしまいがちなのがアイラインを太くしてしまうこと。

二重幅いっぱいにリキッドアイライナーを引くと、目の形を強調してしまい逆に目を小さく見せてしまうことも。アイラインは細く、あくまでもナチュラルにすることを意識してください。

その3:アイシャドウが濃いメイク

画像:shutterstock

目元の存在感を高めるためにやってしまいがちなのが、アイシャドウをやたら濃くしてしまうこと。

ダークブラウンなどの濃いめのアイシャドウを二重幅いっぱいにのせても、思ったより目が大きく見えず、そればかりか“怖い印象の顔”になってしまった……という経験はありませんか? しめ色となる濃いアイシャドウは、さりげなくポイント使いするのがおすすめです。

自然に垢抜ける!ナチュラルなのに「目が大きく見える」正解アイメイク

パッと見ればナチュラルなのに、目を大きく見せるメイクにはちょっとしたコツがあります。

ポイントとなるのは、アイラインとしめ色シャドウの使い方。まずアイホールに肌なじみのいいアイシャドウを仕込みます。私のおすすめはオレンジ系か、ベージュ系です。

次にアイラインを引いていきますが、まつ毛の隙間を埋めるようにインサイドラインを引くのみでOK。目尻側は少し長めに、3ミリ程度長く引きましょう。目幅を広く見せる狙いがあります。

ぱっちりアイメイクに仕上げるアイラインのコツ

画像:杉本由美

私はブラウンで、テクスチャーが柔らかいタイプのペンシルを使用しインサイドラインを引き、目尻側の目幅より長くする部分のみリキッドタイプを使用しています。

次にしめ色のアイシャドウをアイラインのように、上まぶたの目のキワにのせ、目尻側だけ少し長めにしておきましょう。

ぱっちり目元に仕上がげるアイシャドウのコツ

画像:杉本由美

目尻側に長めの影をオンすることで目幅を広く見せ、存在感ある目元を演出することが可能に。

このように、アイラインを太くしっかり描かなくても、アイシャドウのしめ色を上手に使えば印象的な目元を作れます。

ぱっちり目元に仕上げるアイメイクのコツ

画像:杉本由美

自然な影によりもともと目が大きいと思わせるナチュラルな仕上がりに。接近戦でも自信が持て、さらに離れていてもぱっちりとした目元に見せることができます。いかにも感のない垢抜けた雰囲気で、好感度アップも狙えますよ。

目が小さく見えてしまうNGアイメイクと、目を大きく見せるための目の形を活かす正解アイメイクのコツをご紹介しました。

今回ご紹介したアイメイクはポイントさえ押さえれば、誰でも簡単にナチュラルでぱっちりとした目元に見せることが可能です。ぜひ参考にしてみてくださいね。(文/杉本由美)
※この記事は公開時点での情報です。

【参考・画像】
※文・画像/杉本由美
※Makistock、Igor Lateci/shutterstock

#マスクメイク をまとめてチェック!
#美容 #コスメ
 #アイシャドウ
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【スタイリストおすすめ】オンラインショップ
【こんまり流】レシート、プリント…“紙”の片づけ方
【ダイソー】ママも助かる「持ち運びアイテム」