TOP > ビューティー・ヘルスケア > 手荒れしがち?現役美容師が実践する「毎日のハンドケア」〈髪&手を一気にケアできる一工夫も〉

手荒れしがち?現役美容師が実践する「毎日のハンドケア」〈髪&手を一気にケアできる一工夫も〉

こんにちは。天神の美容室『HEART』スタイリストのオギサヤカです!

今回は、美容師の私が日頃気をつけている“ハンドケア”についてご紹介します。

「美容師さんは手荒れが大変」というイメージを持っている方が多いと思います。実際、手荒れに悩む美容師さんはかなり多いです。

私は幸いにも薬剤には強いほうのようで、「手が荒れすぎて仕事ができない」という状況まで陥ったことはありません。

なので、私のハンドケアはあくまでも“毎日の乾燥対策”くらいの感覚で参考にしてもらえればと思います。

3種類のアイテムでハンドケア

まず毎日使うアイテムは、「ハンドクリーム」「マルチオイル(全身に使えるオイル)」「ネイルオイル」の3種類です。

ネイルオイル マルチオイル

画像:オギサヤカ

ハンドクリームは、季節関係なく、毎日こまめに塗りなおすようにしています。

仕事の日は、お客様をお見送りしたあとや掃除のあとなどで一息つくタイミングに、休みの日でも、洗い物をしたあとや手を洗ったあとには必ず塗りなおします。

ハンドクリーム

画像:オギサヤカ

オイル系のものはベタつくので、寝る前にしか使わないのですが、毎晩マッサージするように塗り込みます。

基本的に今やっていることはこれだけです。特別に気をつけていることといえば、「こまめに塗りなおすこと」。

特に乾燥がひどいと感じるときは、布の手袋をつけて寝るようにしています。

アイテムは“シンプルなもの”、“自然派のもの”を選ぶ!

今は手がひどく荒れることは少ない私ですが、アシスタント時代は皮膚科に通わないといけないくらいに手荒れしていた時期がありました。

「お風呂にしっかり浸かった方がいい」とはいわれても、血流が良くなると、かゆくなってツラい。夜も寝られずにどうしようもないときもありました。

その当時は、香料が強ければ強いものほどヒリヒリ感じて、市販のハンドクリームではまったくダメ。結局は皮膚科で薬をもらって、布の手袋をつけて寝るようにしたら徐々に改善していきました。

そのときの経験上、今も使うアイテムは香料が入っていないシンプルなものや自然派のものを選ぶことが多いです。

★こちらの記事もオススメ★
手荒れの放置は感染リスクが高まる!? ひどくなる前に気をつけたい「手の保湿」

髪の毛のスタイリングついでにハンドケアも!

数年前に比べると、オイルやバームを使ったヘアスタイリングが流行ってきているようです。

私のお客様に人気のアイテムは、髪の毛にはもちろん、ボディの保湿やクレンジングオイルにも使えるようなもの。

私も毎日髪の毛をスタイリングしたあとに、そのまま手に伸ばしてなじませるようにしています。

髪の毛のスタイリング ハンドケア

画像:オギサヤカ

最近では環境にも人にもやさしいヘアケア用品が増えました。これは同時に美容師に対しても優しいので、とてもありがたい傾向です。

手荒れにお悩みの方は、こういったヘアケアついでに手のケアができるアイテムを選ぶと◎! 自然と保湿をする回数が増えるのでオススメです。

今は毎日何度もアルコール消毒をしないといけないので、手荒れに悩む方も多いと思います。

ひどい手荒れは病院に行くなどの対処が必要になるかと思いますが、私の経験上、手荒れはひどくなる前に乾燥対策をすることが大切!

日々のケアとして、少しでも参考になればうれしいです。(文/オギサヤカ)

【参考・画像】
※文・画像/オギサヤカ

#美容 をまとめてチェック!
#ビューティー #ハンドクリーム
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【人気飲食チェーン店】裏メニュー&裏ワザ

【朝ごはん】誰でも超簡単にできる腸活
【シャトレーゼ】“ベーカリー”実食レポ