TOP > ビューティー・ヘルスケア > 手荒れの放置は感染リスクが高まる!? ひどくなる前に気をつけたい「手の保湿」

手荒れの放置は感染リスクが高まる!? ひどくなる前に気をつけたい「手の保湿」

2021.01.28

乾燥しやすい今の時期、特に今年は手洗いや消毒による“手荒れ”に悩んでいるという人も多いのではないでしょうか。

今回は、2021年1月21日(木)に放送されたFBS福岡放送『めんたいワイド』から、手荒れを防ぐ「手の洗い方」や「ハンドクリームを使う頻度」など“今知っておきたい情報”をご紹介します。

手荒れを放っておくと感染リスクを高めてしまう!?

『北九州市立八幡病院』の伊藤院長によると、「手に傷があると、手を洗ってもウイルスや細菌が落ちにくい」また、「傷口からウイルスが入りやすくなる」ということから、手荒れを放っておくと、ウイルス感染のリスクを高めてしまう可能性があるというのです。

手荒れ対策 北九州市立八幡病院・伊藤院長

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

つまり、感染対策のためにも、「手を保湿する」ということが大切になってきます。

保湿の習慣がない人は手が荒れやすい!?

この冬は、皮ふ科にも手荒れの相談が増えているんだそう。

『Rパークサイド皮ふ科』日高院長は、「冬はもともと手が荒れる人が多いが、この冬は男性や小学校低学年の子どもなど“保湿の習慣がない人”に手荒れが多い印象」だと言います。

手荒れ対策 Rパークサイド皮ふ科・日高院長

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

そして、この冬の手荒れの症状は「手の甲・手首」にかゆみや乾燥を感じる人が多いのが特徴。

角質層が厚く、物理的な刺激や摩擦に強い「手のひら」に比べて、角質層が薄い「手の甲・手首」は、保湿をしないと荒れやすくなってしまうのです。

手荒れ対策 Rパークサイド皮ふ科

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

消毒が原因で感染リスクを高めてしまっている!?

感染対策のための“消毒”が、逆に感染リスクを高めてしまっている可能性もあるのです。

「アルコール消毒には“脱脂作用”があるので、肌のバリアを壊してしまう。保湿をせずに乾燥した状態で過ごしていると、かえって菌がつきやすい状態になってしまうことがある」と日高院長(Rパークサイド皮ふ科)。

手荒れ対策

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

手荒れを防ぐ「手の洗い方」

そこで、日高院長に、手荒れを防ぐ手の洗い方を教えてもらいました。

まず「水の温度」は、ぬるめのお湯、35度くらいがちょうどいいそう。

寒い日は、洗い物などを熱い湯でしがちですが、温度が高すぎると手の皮脂が落ちやすくなってしまいます。また、冷たい水も循環を悪くしてしまうので乾燥の原因に繋がりやすくなります。

なので「水の温度」は、熱すぎず冷たすぎず“人肌程度のぬるま湯”です。

手荒れ対策

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

続いて、「石けんの種類」。

「液体」「固形」「泡」とさまざまなタイプがありますが、手荒れを防ぐためには「泡」で出てくるタイプ、弱酸性のものがオススメです。

手荒れ対策 Rパークサイド皮ふ科・日高院長

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

液体や固形タイプは泡立てるときに摩擦が多く起こってしまいがちですが、泡タイプは泡立てる必要がなく摩擦が少ないというメリットがあります。

手荒れ対策 石けん

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

特に洗浄力が強い「液体」タイプは、必要な皮脂まで落としてしまう可能性があるので、手が荒れ気味のときには、使用を控えたほうが良いそうです。

もう一度、手荒れを防ぐ「手の洗い方」ポイントをおさらいしましょう。

ポイントは、「摩擦の少ない泡タイプの石けんを使う」「泡立ちやすいように先に手をぬらす」「35度のぬるま湯」です。

手荒れ対策 手の洗い方

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

さっそく今日から、この手の洗い方を実践しましょう!

ハンドクリームを塗る頻度

そして、手荒れ対策に重要な「保湿」。ハンドクリームはどのくらいの頻度で塗ると良いのでしょうか?

日高院長(Rパークサイド皮ふ科)によると、「手洗いをしたあとは、こまめに保湿クリームを塗るということを徹底しないと必ず乾燥が始まってしまうため、1~2回では足りず3~4回以上は必要」とのこと。

手荒れ対策 保湿

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

特に普段ハンドクリームを塗らない人にとっては、“かなり頻繁”なイメージですね。

実際に街でインタビューをしてみると、「デスクワークでマウスを使うから、ベタつくのが嫌で塗っていない」「自宅でもいろいろ触るから、寝る前だけ」と、頻繁には塗っていない人もいる様子。

ベタつかず日中も使いやすい!「天神ロフト」オススメのハンドクリーム

そこで、取材班が訪れたのが『天神ロフト』。そこでオススメしてもらったハンドクリームが、手仕事をする人に向けて作られた『プロ・業務用ハンドクリーム』です。

手荒れ対策 ハンドクリーム

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

無香料でベタつきが少ないので、料理中や仕事中にも使いやすいハンドクリームです。

実はこの商品、約15年前からあったそうなのですが、この時期また人気が出てきました。

手荒れ対策 ハンドクリーム

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

ちなみに、手洗いなどで減った皮脂を補ってくれる「クリームタイプ」のハンドクリームは、人差し指の一関節分くらいが適量。油分が多いものがオススメです。

クリームに比べてベタつきが少なく、普段ハンドクリームを使わないという人でも使いやすい「ローションタイプ」は、1円玉1枚分くらいが適量。油分が少ないので頻繁に塗ることが大切です。

手荒れ対策 ハンドクリームの使い方

画像:FBS福岡放送『めんたいワイド』

普段はハンドクリームを使わないという人も、今年は感染対策のひとつとして「手の保湿」をしっかりしてくださいね。(文/ARNE編集部)
※この記事は番組放送時点での情報です。※出展:FBS福岡放送『めんたいワイド』(月曜~金曜 午後3時48分~)

【参考・画像】
※ FBS福岡放送『めんたいワイド』(月曜~金曜 午後3時48分~)

#美容 をまとめてチェック!
#ハンドクリーム #めんたいワイド
⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【SNSで話題】絶景すぎる「糸島食堂」
【コリほぐし】フォームローラーの活用術
【史上初】一蘭新商品が神クオリティすぎ