TOP > エリア > 北九州 > 入場無料!“気分はタイムスリップ”大正レトロな街並みが広がるエモ観光スポット(北九州市門司区)

入場無料!“気分はタイムスリップ”大正レトロな街並みが広がるエモ観光スポット(北九州市門司区)

生まれも育ちも福岡県北九州市! 福岡県のおいしいご飯やおでかけスポットが大好きなNamiです。

今回は、北九州市の門司港レトロにあるおすすめ観光スポットを紹介します。

入場無料エリアも充実!門司港レトロの観光スポット「関門海峡ミュージアム(海峡ドラマシップ)」(北九州市門司区西海岸)

JR・門司港駅から歩いて約9分の場所にある『関門海峡ミュージアム』。2019年9月21日にリニューアルオープンしました。

建物が船のような形をしていることから「海峡ドラマシップ」の愛称で親しまれています。大きな建物なので、駅から向かう際もすぐに分かりますよ。

また、駐車場(有料)もあるため、車で訪れるにも便利です。

関門海峡ミュージアム 外観

画像:Nami

コンセプトは「関門海峡をまるごと楽しむ体験型博物館」。歴史・文化・自然など、“関門海峡の過去と現在”を五感で体験できるミュージアムです。

5階建ての建物で、入館料は大人500円、小中学生200円、未就学児無料。実は、入場無料で楽しめるエリアもあるので、そこから紹介していきますね。

まるでタイムスリップしたみたい!レトロな街並みが再現された「海峡レトロ通り」

『関門海峡ミュージアム』の1階・2階にある入場無料エリア『海峡レトロ通り』。

1階にある入口から少し中が見えるのですが、なんだか異世界に入り込んでいきそうな雰囲気でドキドキします……。

関門海峡ミュージアム 海峡レトロ通り

画像:Nami

中に入ってみると、大正ロマンが漂う、かつての門司港を再現した街並みが。

ミルクホールや床屋、映画館に劇場、さらには路面電車も!

関門海峡ミュージアム 海峡レトロ通り

画像:Nami

人形もリアル! なんと、喋るんですよ。

バナナの叩き売りの調子も聞こえてきて、当時の街にタイムスリップしたみたい!

関門海峡ミュージアム 海峡レトロ通り

画像:Nami

天井が、青色から夕闇、夜空の深い陰影へと変化していくのも、雰囲気満点。

レトロ感たっぷりの街並みを歩いているだけでも楽しくて、本当に無料で良いの!?と思うようなエリアでした。

また、「門司港グッズ」が揃うお土産屋さんもあります。

関門海峡ミュージアム 海峡レトロ通り

画像:Nami

「駅名標」のグッズもたくさんありましたよ。

関門海峡ミュージアム 海峡レトロ通り

画像:Nami

門司港を訪れた記念にぴったりです。

関門海峡を一望!絶景が楽しめる展望デッキ

エレベーターで5階まで登ると、『展望デッキ』があります。こちらもなんと、入場無料。

遮るものがない大パノラマで、門司港レトロ地区や『関門橋』、巌流島(船島)などの美しい景色が楽しめます。下関市の『唐戸市場』なども見えますよ!

関門海峡ミュージアム 展望デッキ

画像:北九州市観光情報サイト

優雅な時間を過ごせる「クルーズカフェ キャナル」

4階は、大正・昭和の豪華客船デッキをイメージした『プロムードデッキ』があります。こちらも入場無料。ガラス張りの空間で、関門海峡を180度見渡せますよ。屋内なので、暑さや寒さを気にせず楽しめるのも魅力。

『クルーズカフェ キャナル』(営業時間11時~)が併設されているので、一息つくのにぴったり。

椅子などのインテリアがレトロでどこか昔懐かしく、落ち着いて過ごせます。

関門海峡ミュージアム

画像:Nami

ここに来たら頼んでほしいのが、人気No.1の『門司港マリンサイダー(ブルー)』(500円)。

関門海峡ミュージアム クルーズカフェキャナル

画像:Nami

少し甘めのシュワシュワのサイダー。絶景を見ながら飲む青いサイダーは格別で、ごくごく飲んじゃいました……♡

子ども連れにもおすすめ!有料ゾーン

無料エリアだけでも十分魅力的なのですが、有料ゾーンも見逃せません!

2階~4階には、有料の展示エリア『海峡アトリウム』『海峡歴史回廊』『海峡体験ゾーン』『海峡こども広場』があります。4階に入場口があり、スロープを下りながら見学する仕組みになっています。

海峡アトリウム(2~4階吹き抜け)

日本最大級のスクリーン(縦9m×横18m)に、関門海峡の自然や歴史の海峡ドラマが映し出される『海峡アトリウム』。

関門海峡ミュージアム 海峡アトリウム(2~4階吹き抜け)

画像:関門海峡ミュージアム

30分に1回、8分ほどですが、大迫力でくぎ付けに。映像にリンクしたインタラクティブ体験もできますよ。

演目もいくつかあり、いろいろ楽しめるのがうれしい。上映スケジュールは、有料エリア入口で確認できます。

海峡歴史回廊(3階)

壇ノ浦の戦いなど、関門海峡にまつわる歴史ドラマを人形で再現した『海峡歴史回廊』。

人形作家による精巧な作りに、目を奪われます。

関門海峡ミュージアム 海峡歴史回廊(3階)

画像:関門海峡ミュージアム

海峡体験ゾーン(2階)

ゲームを通して、楽しみながら関門海峡について学べる『海峡体験ゾーン』。

船長気分が味わえる『操船シミュレーター』や、クレーンの運転士になれる『コンテナクレーン操縦シミュレーター』、テーブルに映し出された海に岩や船の模型を置いて海流を変化させる『海流メーカー』、魚を探し回る『かんもんダイバー』など、いろいろとっても楽しそう!

子どもと一緒に盛り上がれますね。

関門海峡ミュージアム 海峡体験ゾーン(2階)

画像:関門海峡ミュージアム

海峡こども広場(2階)

ファミリーに人気なのが『海峡こども広場』。海中をイメージした高さ10mの空間に、ネットが張りめぐされた屋内アスレチックです。

関門海峡ミュージアム 海峡こども広場

画像:関門海峡ミュージアム

1回100円で、1歳から小学6年生(遊具の対象年齢は3歳以上)までが利用できます。土日祝・長期休暇は時間制限があり、40分毎です。
※未就学児は、見守りとして保護者の付き添いが必要。保護者の方もチケット購入が必要です。

滑り台などもあり、全身を使って思いっきり遊べますよ。

大人も子どもも、1日たっぷり門司港の魅力を満喫できる『関門海峡ミュージアム』。定期的にワークショップなどのイベントも開催されているので、HPを確認して、ぜひ立ち寄ってみてください。(文/Nami)

<店舗情報の詳細は店名をクリック↓>
■関門海峡ミュージアム
住所:福岡県北九州市門司区西海岸1-3-3
営業時間:9:00~17:00(最終入館16:30)※クルーズカフェ キャナルの営業は11:00~
定休日:不定(年4回)※直近は2024年1月16日(火)・17日(水)・3月5日(火)が休み
※この記事は公開時点での情報です。※文中価格は税込みです。

【参考・画像】
※文・画像/Nami
※画像/北九州市観光情報サイト、関門海峡ミュージアム

#おでかけ をまとめてチェック!
#北九州 #門司

⇒【NEW】福岡の新着情報はコチラから

<こんな記事も読まれています>
【注目イベント情報】福岡~近郊エリア
【2024年オープン】注目の最新スポット
【毎週水曜更新】イヴルルド遙華の12星座占い