TOP > エリア > 福岡 > 愛あるダメだしから誕生!フォトジェニックな「ハンバーグカレー」【伊藤舞の福岡カレー日記#5】

愛あるダメだしから誕生!フォトジェニックな「ハンバーグカレー」【伊藤舞の福岡カレー日記#5】

2019.12.24

続々とカレー専門店がオープンし、カレー熱が高まり続けている福岡。 その福岡のあらゆるカレーを、私伊藤舞が、とんこっちゃん・ふじ子部長と二人三脚で調査しお届けしている 『土曜カレー部』。

FBS福岡放送『めんたいワイド』のきょうだい番組『めんたい×家族』(毎週土曜午後4時30分~)で放送されたお店を「ARNE」でご紹介していきます!

カレー日記5回目は、福岡市の西新・藤崎エリアにある、女性に人気!まろやかハンバーグカレーです。オープンから2年、この味に行き着くまでの秘密をご主人に伺いました。

女性客で賑わうほっこり空間

画像:伊藤舞

高校や大学が多い西新・藤崎エリア。飲食店も多いこのエリアで本格カレーを楽しめるお店が『てるsun』です。ランチ時には学生や女性客で大賑わい。カフェのような居心地の良い店内は、おしゃべりが弾み、ついつい長居したくなるような温かみのある空間です。

 

かわいい!フォトジェニックなカレー

画像:伊藤舞

目の前に運ばれてきたカレーに、女性客のほとんどが、スマホを取り出して撮影を始めるのも納得!とにかくかわいくて、彩り豊かで、とってもおいしそうなのです!

私は、看板メニュー“てるカレー”に、土日・祝日と平日夜限定の“ハンバーグ”、さらに温玉をトッピングした『juicyハンバーグカレー 温玉のせ』(1,330円)をいただくことに。フルーティかつスパイシーな香りに、まんまるふっくらしたハンバーグが食欲をそそります。

 

「カレー×ハンバーグ」のゴールデンコンビ!

画像:伊藤舞

カレーは、口に入れた瞬間にトマトの甘みが感じられて、とってもまろやかな口当たり。トマトやたまねぎなどの野菜や果物を、じっくり5時間も煮込んでいるそうです。十数種類のスパイスは、良い具合に溶け込み、スパイスの存在を余韻で心地よく感じる程度。辛さが苦手な方にもオススメできる、マイルドなカレーです。

また、ハンバーグを一緒にたべるとお肉の甘みが加わり、さらにまろやかな味わいに。ハンバーグはお肉屋さんのオススメで”牛・豚・鶏”の3種類のミンチを使用しているそう。

肉汁たっぷり!ボリューミーなハンバーグですが、ふわふわの食感だから女性でもペロリと食べられます。

 

激辛カレーからのスタートだった!?

画像:伊藤舞

脱サラして、2年前にお店をオープンさせた近森輝和さん。(店名の『てるsun』はご主人の『てるかず』というお名前から!)はじめは“ダイニングバー”として営業していましたが、1年前からご自身も大好きな“カレー”で勝負することにしたそうです。

初めは近森さんの好みにあわせて“辛いカレー”を提供していたところ、周りの飲食店の方々から「これじゃダメだよ!」と愛あるダメ出しをいただき、今の味に落ち着いたそう。ご主人のカレーへの探究心とそれを支える周りのお店やお客さんの声が、“てるsunのカレー”を作り上げています。

本格的だけどとってもまろやかなカレー、辛いのが苦手な女性にもオススメです!(文/伊藤舞)

 

<店舗情報>
てるsun
住所:福岡市早良区高取1丁目1-5 濱崎ビル2F
電話番号:090-3493-2689

詳細はこちら

 

 

【画像・参考】

・伊藤舞

FBS福岡放送『めんたい×家族』(毎週土曜午後4時30分~)

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。